人材探しに苦労していませんか?

▶派遣雇用・請負化をお考えの企業様

派遣雇用・請負化(アウトソーシング)という言葉を、聞いたことはあってもまだ導入されていない企業様は多いのではないでしょうか??ここでは、派遣雇用の導入・請負化の導入をすることで企業様側にどんなメリットがあるのかをご説明させていただきます。

既に人材不足で困っていらっしゃる企業様や、これから導入しようとお考えの企業様、話だけでも聞いてみたいと思って下さいました企業様につきましては、ぜひ一度お電話ください。



▶派遣雇用とは

派遣社員(働く人)・派遣元(派遣元会社)・派遣先(実際に働く会社)3者の関係で成り立っている仕組みを派遣と呼びます。
そして、アルバイトやパートの様に就業先企業と直接雇用を結ばず、派遣元と派遣社員が雇用関係を結ぶことになる為、派遣雇用を導入することで様々なメリットが企業側に生まれます。


・派遣雇用のメリット

1. 採用・育成費用が不要

人材派遣の場合、業務に必要な能力や経験を持ったスタッフを派遣してもらうのが基本になります。そのため、企業様ごとに異なるローカルルール(細かい業務手順や機器 の操作方法など)さえ覚えれば、その日からでも戦力になることが可能です。つまり、募集・選考・採用から教育・研修などにかかる諸経費、またそれに関わる社員の時間や業務負担といったコストを大幅に削減する事が出来ます。

2. 高くない派遣料金

時給や日給、月給に換算して比較すると割高に感じられることが多い派遣料金ですが、実はその中には直接雇用の場合にはあまり意識されないさまざまな経費が含まれているんです。各種 【社会保険料】や【福利厚生費】・【交通費】・【賞与】・【退職金】などがあります。採用・教育費を削減できることも含めて考えれば、必ずしも割高とは言い切れません。

3.財務上は変動費に計上

人材派遣料はアウトソーシングと同様に外注費として変動費に計上する事が出来ます。その時、別途消費ががかかってきますが、それでも固定費を削減できるという財務上のメリットは大きいです。

 

4. 業務改善のきっかけが作れる

派遣スタッフに仕事を引き継ぐ際には、どのような業務なのかを整理して、マニュアル化するといったプロセスが必要になってきます。この時に、これまで習慣的に行われて きた業務の無駄を発見できたり、改善のヒントが浮かび上がったりすることがあります。つまりBPRのきっかけになるということです。担当者にしかわからないといった属人性の排除に繋がり、今後社内で業務を移管したりする場合にも効率化できます。



5. 業務量の変動時に柔軟な対応ができる

時期によって業務量が変動(繁忙期)するという企業様は多いです。しかし、ピーク時にあわせて人員を整備するには非常に無駄が大きいですよね。そこで人材派遣を活用することにより大幅なコストダウンが可能です。必要な時に必要なだけのスタッフを派遣してもらえるのが人材派遣です。繁忙期が終われば派遣契約も終了する。そのような雇用方法も可能です。

6. 募集期間の短縮

新事業部や新拠点の開設、新店舗のオープンなど。立ち上げの準備に追われ、スタッフの募集や選考、教育などにまで手が回らないというケースの場合でも、派遣雇用を導入することにより効率よく人員を確保することができます。一般的に募集をかけると入社手続きを経て実際の勤務開始までに、最短でも2週間程度は必要ですが派遣の場合は人材さえいれば数日後からの稼働が可能となります。

7. 実務ノウハウの導入になる

社内でこれまでにやったことがない業務を始めなくてはならない場合、わかる人がいないために意外と手間取ってしまうことはないでしょうか?派遣スタッフは基本的に実務経験者なので、実務に必要な基本ノウハウを持っている人がほとんどです。人材派遣を活用すれば、社員だけで試行錯誤しながら進めるよりも効率的にノウハウを導入できるという利点があります。

 

▶請負化(アウトソーシング)とは

企業様が自社の業務を外部の専門業者などに委託することを言い、技術やノウハウを持たない企業様でも、外注することで、専門性の高い業務や新規事業などに進出することが可能になります。自社で正社員を育成する場合に比べ、短期間かつ低コストで済むため、経営資源を有効活用できるという点で大きなメリットになります。
当社では、製造業務請負をメインに、様々な仕事を請負させて頂いております。そのノウハウから多岐にわたり製造管理・コスト削減・業務改善などを行うことができるため、必ず企業様に協力できることがあるはずです。


1. 雇用調整

請負契約により、雇用調整に関わる様々な業務から解放されます。増員・欠員が出る度に 採用広告、採用活動に時間と費用の負担は不要。

2. コスト削減効果

正社員にかかる様々な費用が削減でき、コスト削減に大きく貢献します。

3. 適正な支出管理

人件費に対しての支出ではなく、生産高に対しての支出になる為、生産の増減に対しての適正な支出になり、 企業として強い体質となることが出来ます。

4. 過剰雇用の防止

社員様の過剰雇用防止を防ぎ、生産計画に合わせた人員配置が可能となります。

5. 効率向上・品質向上

当社現場管理者が、積極的に業務改善提案、TCD活動などを通し、会社の体質強化を図ります

6. 外部ノウハウの取込

外部ノウハウを取り込むことにより様々なところで新しい知恵となり相乗効果がうまれることが期待できます


請負化(アウトソーシング)には様々なメリットがあります!!
人材派遣を使用している企業様などは一度ご検討する価値があるのではないかと思います。私たちは必ず企業様に協力できることがあるはずです。


請負化のパターン